新基地建設が進む沖縄県名護市大浦湾のアオサンゴ群集が、勝連半島や石垣市白保の群集とは違う遺伝子構成を持つことが宮崎大の安田仁奈准教授のグループによる調査で分かった。安田准教授は大浦湾の通称チリビシの群集を新たな手法で遺伝子解析。