沖縄タイムスふるさと元気応援企画「久米島町 観光・物産と芸能フェア」(主催・久米島商工会、久米島町、沖縄タイムス社)が8日、那覇市久茂地のタイムスビルで始まった。10日まで。

開幕と同時に多くの来場者でにぎわう久米島の物産コーナー=7日午前、那覇市久茂地・タイムスビル

 会場には日本一の生産量を誇る車エビをはじめ、泡盛、みそなど多彩な特産品が並び、大勢の買い物客でにぎわった。久米島紬のネクタイを身につけた大田治雄町長は「紅芋のスイーツなど新たな出展業者も加わり、今年も自慢の商品がそろった。島の活性化につなげたい」とPRした。

 2階ギャラリーでは約600年の歴史を持つ久米島紬の作品が展示・即売されている。