沖縄市内の小学校の給食で調理器具スライサーの刃の一部が混入した問題で、沖縄県教育庁は8日、職員を市給食センター第二調理場に派遣して立ち入り調査を実施し、現場確認や聞き取りを行った。 一方、沖縄市の狩俣智教育長は同日、緊急に開かれた市議会の全員協議会で「その日の給食を止めるべきだった。