沖縄タイムス+プラス ニュース

校庭から米国製ボンベか 沖縄・嘉手納町 造成中に15本発見

2017年12月10日 10:05

 9日午前10時半ごろ、沖縄県嘉手納町立屋良小学校のグラウンドで、米国製と思われるボンベのようなもの約15本が埋まっているのを造成工事中の作業員が発見した。嘉手納署によると「US ARMY」の表示があった。自衛隊が確認したところ、砲弾ではなく爆発の危険性はないという。

米軍嘉手納基地と嘉手納町

 同署によると見つかったのは長さ約140センチ、直径約20センチの円柱形で、製造年は不明。磁気探査中に深さ約1メートルの地下から発見した。中身について詳細は分かっていないが、「OX」の表記があることから酸素ボンベの可能性が高いとみられる。

 現在、ブルーシートに覆われてグラウンドに保管されている。同署は週明けにも米軍や沖縄防衛局、嘉手納村役場などと現場確認し、処分方法などを検討するという。

 発見時、現場には工事のため約10人が作業していた。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS