不法投棄の疑いで営業できなくなった沖縄県内大手の産業廃棄物処理業者「倉敷環境」が処理していた産廃の新たな処分先を巡り、他の産廃処理業者の処理容量に余裕があるにも関わらず、持ち込みが進まない「ミスマッチ」が生じている。