沖縄タイムス+プラス ニュース

翁長知事「沖縄県民、憤っている」 米軍ヘリ窓落下、上京し抗議

2017年12月15日 05:00

 【東京】米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリの重さ7・7キロの窓が、宜野湾市立普天間第二小の運動場に落下した事故で、沖縄県の翁長雄志知事は14日上京し、山本朋広防衛副大臣や佐藤正久外務副大臣らに抗議した。知事は「県民の多くが憤っている」と指摘し、県内にある米軍機全機の点検と、その間の飛行停止を要求した。県内各政党も一斉に抗議行動を展開し、反発が広がった。一方、県内では県の要求を無視する形でUH1Y多用途ヘリなどが飛行した。

普天間第二小にCH53Eヘリから窓が落下した事故で、山本朋広防衛副大臣(左)に抗議文を手渡す翁長雄志知事=14日午後3時45分ごろ、防衛省

 知事は昨年12月の名護市安部で起きたMV22オスプレイの墜落や、今年10月の東村高江で発生したCH53Eヘリの炎上事故など繰り返される事故について、両副大臣に「日米地位協定にもメスを入れないと問題は解決しない」などと述べ、抜本的な見直しが必要との考えを示した。何度抗議しても改善されない状況に「差別だ」とも指摘した。

 米軍普天間飛行場の2019年2月までの5年以内の運用停止も求めた。

 知事によると、山本氏は全機の飛行停止について前日、自身が「ロジックが分からない」と発言したことについて釈明したが、直接的な回答はなかった。

 知事はヤング在日米大使館首席公使にも抗議した。15日は菅義偉官房長官と会談する。佐喜真淳宜野湾市長は同日上京し、官邸や防衛省などに抗議する。

 在沖米海兵隊は窓の落下原因に関し、本紙に「現在調査中」と回答した。CH53Eヘリの飛行再開時期については、在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官が安全と認めるまでは再開しないとし、時期は明示しなかった。事故原因などが明らかにならない中、14日もCH53Eヘリ以外の米軍機が訓練したことに、知事は「とんでもない話だ」と憤った。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「やばい、知事の遺言が残ってた」動揺する記者 急転直下、裏取り急ぐ

 名護のトラウマ 沖縄知事選「接戦」報道に疑念 予想的中した現場感覚

 「なぜあんたが出ない」革新側に吹き続けたすきま風 宜野湾市長選の舞台裏

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS