経済的に厳しい環境にいる子どもたちに大相撲の迫力を楽しんでほしいと、日本相撲協会の千田川親方(元小結・闘牙)と沖縄場所実行委員会の竹岡剛会長は14日、沖縄県庁を訪れ、ひとり親を支援する県内8団体を通して観覧チケット計117枚分を寄贈した。