沖縄県国頭村の国頭中学校(島袋賢雄校長)の校門の左側に自然に生えたパパイアが1本から枝分かれして大きい方で20個、小さい枝の方で4個の実を付けた。

元気なパパイアを見つめる島袋校長=国頭中学校校門

 島袋校長は「10月の2度の台風にも負けずに『僕たちも頑張っているよ、皆さんも元気にがんばれよ』と声を掛けているように生徒の登校を見守っているようだ」と話した。

 朝のあいさつ運動に参加している辺土名区の元村民生委員の知花ヒロ子さんと渡慶次正子さんも「たくましく成長していくパパイアの姿を見て元気が出る」と元気な声を生徒に掛けている。(山城正二通信員)