鉄軌道の導入に向けた第7回沖縄鉄軌道計画検討委員会(委員長・森地茂政策研究大学院大学政策研究センター所長)が15日、沖縄県庁であった。県民から意見のあった那覇市より南の地域への延伸は現段階では採算が取れないとして、現状の那覇―名護間を起終点として検討を進めることを確認した。