わんこそば全日本大会沖縄コザ場所(主催・沖縄市商店街を元気にする会)が16日、沖縄市一番街商店街で開かれた。一般(中学生以上)の部は那覇市の公務員高橋信哉さん(44)が134杯で優勝し、来年2月に岩手県花巻市で開かれる本場所に招待される。小学生の部は3大会連続出場の金城颯(はやて)君(高原小6年)が38杯で制した。

5分の制限時間も残り数秒となり、懸命にそばをかきこむ出場者ら=16日午後、沖縄市の一番街商店街

 コザ場所は今年で3回目で小学生30人、一般133人が出場。小学生は2分、一般は本場所と同じ5分で競った。会社の同僚と初出場した金城いち絵さん(20)=糸満市=は「70杯でくらいで急に食べられなくなり、死ぬかと思った。そばは当分いい」と苦笑した。

 一般の部は取材を兼ねて出場した琉球放送記者の桃原永(はるか)さん(32)=那覇市=がトップと1杯差の2位。3位は会社員の糸数秀太さん(25)=西原町=が118杯で続いた。小学生2位はマーシャル・リンジー・紅(べに)さん(泡瀬小4年)、3位は弟のマーシャル・オーエン・海(かい)君(同2年)だった。