廃棄物処理業大手「倉敷環境」(沖縄市池原)の営業停止により、不法投棄が増えるのではないかと周辺住民が危機感を募らせている。同社周辺では住民から不法投棄の苦情が相次ぐ。行政が描くシナリオとは裏腹に、他の焼却施設への搬入は進んでいないとみており、不信感が広がっている。