■保守・革新 枠組み超える  2014年の沖縄は選挙の「当たり年」となり、米軍普天間飛行場返還問題にとっても大きな節目となった。1月の名護市長選、11月の知事選、12月の衆院選はいずれも名護市辺野古への新基地建設に反対する候補が当選。