【1945~1958】  1945年の沖縄戦で上陸した米軍によって、各地に基地が建設された。武装米兵を動員し、「銃剣とブルドーザー」と呼ばれた土地の強制接収に、住民の反発は高まり、島ぐるみ闘争に発展した。