沖縄県花卉(かき)園芸農業協同組合(太陽の花、宮城重志組合長)は18日、ANAの貨物専用臨時便で県産キク4千ケースを成田空港に送った。県産キクは正月用の飾り花として出荷のピークを迎えており、定期航空便や船便に加え、24日まで臨時航空便4便を利用する。今月の出荷量は前年比5%増の18万3千ケース(3581万本)を予定している。

臨時航空便で成田へ出荷するキクを手にする県花卉園芸農業協同組合の宮城重志組合長(左から2人目)とANAカーゴ沖縄統括支店の高濱剛司支店長(同3人目)ら=18日、那覇空港

 今年は夏場の高温や台風直撃などがあったが、生産者が事前対策に取り組んだことなどで目標通りの生産量になる見通し。品質も上々で、全体の出荷額は10%増の16億5千万円を見込んでいる。

 宮城組合長は「12月に入り出荷量は順調に伸びている。全国的な品薄傾向から前年を上回る販売ができている」と手応えを語った。