沖縄タイムス創刊70周年プレ企画「夢の種まきプロジェクト MASAマジック小学校巡回事業」が20日、西原町の坂田小学校(宮平育子校長)であった。5、6年生の約270人がMASAさんの話に聞き入った。MASAさんはマジックや英語を身に付けてきた体験を通して、夢が実現した姿をイメージし、信じて努力を続ける大切さを説いた。

MASAさん(右から2人目)のマジックに驚き、拍手する子どもたち=20日、西原町の坂田小学校

 6年の照屋姫華さんは「未開封のペットボトルにサインカードが入ったマジックがすごかった。信じれば夢が実現するんだと分かった」。城間利季也君は「白バイ隊員になる夢をたまに諦めそうになるけど、諦めないで夢に向かって勉強する」と力を込めた。

 巡回事業の主催は沖縄タイムス社、協賛は沖縄銀行、ざまみダンボール、ワオ・コーポレーション。