沖縄県の浦添市議会(島尻忠明議長)は20日の12月定例会最終本会議で、米軍キャンプ・キンザー沖のイノー(礁池)を貴重な地域資源として保全し、環境学習や観光振興に生かすための「浦添市里浜の保全及び活用の促進に関する条例」案を全会一致で可決した。来年4月1日施行。