沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、無許可での岩礁破砕は違法として、県が国を相手に破砕を伴う工事の差し止めを求めている訴訟の第3回口頭弁論が21日、那覇地裁であった。県側は「破砕の許可制度は一貫した運用が求められる」と指摘。