太陽の光は地球をあたため、植物の光合成、骨の形成など重要な働きをしていてまさに生命の源といえます。その一方で、紫外線は細胞にダメージを与えるため、皮膚はメラニンを蓄えて体を守っています。