沖縄市議会(普久原朝健議長)は22日午前の12月定例会本会議で、宜野湾市の普天間第二小学校に米軍普天間飛行場のCH53Eヘリが窓を落下させた事故に対する抗議決議・意見書の両案を全会一致で可決した。再発防止のための整備手順や安全運用手順の見直し、普天間飛行場の運用5年以内の停止を求めている。