沖縄タイムス+プラス ニュース

「眠ったから大丈夫」 沖縄米兵を酒気帯び疑いで逮捕 飲酒死亡事故の規制解除後で初

2017年12月25日 08:17

 沖縄県警宜野湾署は24日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで米軍嘉手納基地所属の空軍兵(22)を現行犯逮捕した。基準値を超えるアルコールを検出した。「眠ったから大丈夫だと思った」と容疑を否認しているという。

沖縄県警

 在日米軍は海兵隊員が飲酒後に那覇市で交通死亡事故を起こして逮捕された事件を受けて、11月20日に日本に駐留する全米兵の飲酒を禁じた。12月13日に規制を解除し、現在は通常時の規制通り、午前0時から午前5時までの基地外での飲酒などは禁止するとしている。綱紀粛正の規制解除後、初の逮捕となる。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS