沖縄総合事務局が26日発表した2016年の沖縄県内農業産出額は前年比9・6%(90億円)増の1025億円となった。5年連続の増加で、21年ぶりに1千億円を突破した。収穫量が90万トンを超える豊作となったサトウキビや、子牛の市場取引価格が高値で推移した肉用牛が全体を押し上げた。肉用牛は18・2%増の221億円で初めて200億円を超えた。

農業産出額の推移

2016年農業産出額の内訳

農業産出額の推移 2016年農業産出額の内訳

 畜産部門の産出額は3・3%(14億円)増の440億円だった。うち、肉用牛が50・2%を占める。肉用牛は11年の東日本大震災などの影響で全国的な子牛不足から取引価格が上昇、近年は高止まりしている。

 豚は5・8%(7億円)減の113億円だった。生産量は増加したが価格が下がった。乳用牛は生乳の生産量が減り、11・1%(5億円)減の40億円。鶏は9・9%(7億円)減の64億円だった。

 耕種部門は15%(76億円)増の584億円。サトウキビが34%(55億円)増の217億円で、21年ぶりに200億円を超えた。

 野菜は天候不順や病害虫被害でキュウリやほうれん草などで生産量が減ったものの、オクラやカボチャが伸び、18%(22億円)増の144億円だった。

 果実は寒波の影響でマンゴーの生産量が減ったが、シークヮーサーなどのかんきつ類が増え、横ばいの57億円となった。

 花卉(かき)は5・6%(6億円)減の101億円。夏場の高温と病害虫被害などでキクや洋ランの生産量が落ちた。

 品目ごとの内訳は肉用牛が最も多い21・6%、サトウキビが21・2%で、豚が11%と続いた。