沖縄総合事務局が26日発表した2016年の県内農業産出額は前年比9・6%(90億円)増の1025億円となった。5年連続の増加で、21年ぶりに1千億円を突破した。収穫量が90万トンを超える豊作となったサトウキビや、子牛の市場取引価格が高値で推移した肉用牛が全体を押し上げた。