広島学院高校の「命どぅ宝学ゼミ」の2年生14人が23~26日、チビチリガマや前田高地、荒崎海岸など沖縄の戦跡を徒歩で巡った。「オキナワを歩くJr.」と題した取り組みで、米軍が本島に上陸した読谷村を起点に南下し、ひめゆり学徒隊などが亡くなった糸満市の荒崎海岸までのコース。