防衛省が南西諸島で計画している陸上自衛隊配備で、沖縄県宮古島市上野野原での駐屯地建設工事が11月20日、始まった。建設現場の千代田カントリークラブ地区を抱える野原、千代田の両部落会は配備反対を決議しているが、防衛省は「防衛の空白地帯を埋める」との方針を繰り返し、着工。