米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属CH53Eヘリの窓が普天間第二小学校に落下した事故を受け、防衛省が同小上空での米軍の飛行形態を監視するカメラ設置を決めたことが27日分かった。 沖縄防衛局、市教委、市基地渉外課、業者の担当者が同日、同小を視察した。