東京音楽大学付属民族音楽研究所に保管されている三線1丁が江戸時代中期、琉球王府の使節団が「江戸上り」(1634~1850年)で幕府に献上した三線と同形であることが29日までに分かった。