沖縄タイムス+プラス プレミアム

基地、振興、人材育成…沖縄政策のかじ取りは? 大臣に聞く

2018年1月3日 13:00

 【東京】2018年、政府は名護市辺野古の新基地建設で土砂の投入を目指す一方、19年2月を期限とする米軍普天間飛行場の5年以内の運用停止まで残り1年となる。18年度沖縄関係予算案は3千億円台を確保したものの、対立する翁長県政下で最少額を更新した。知事選への思惑も絡む中、沖縄政策をどうかじ取りするのか。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
注目トピックス