日常生活の手助けをする介助犬の認定試験に、長野県飯田市の矢沢芳子さん(86)と介助犬「でんちゃん」が28日までに合格した。でんちゃんの貸し出し元の日本聴導犬協会(同県宮田村)によると、日本最高齢の利用者になるという。 でんちゃんは体長約80センチのゴールデンドゥードゥル。