ホンダで四輪車の研究開発を担当する三部敏宏執行役員(56)はインタビューで各国で進む環境規制の強化に対応するため、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)など電動車両の拡充を急ぐ考えを示した。ディーゼル車は将来的に廃止する可能性を示唆した。