冬の風物詩、巨大な樹氷が今世紀末で見納めになるかも−。山形大の柳沢文孝教授(環境化学)は樹氷ができる地域や年代ごとの分布図を作製、12月21日に公表した。