桜坂劇場の良心・経理の旬子さんが一番好きな映画を聞かれて、この作品を口にした。御年53。劇場近隣で迷ったお客さまからの電話を受け、事務所の窓から体を乗り出して誘導する心優しい彼女は曲がった事が大嫌い。やると決めたことはやり遂げるスーパーキャリアウーマン兼肝っ玉母ちゃんだ。