試合後「2ピリオドで終わってしまった。タフな試合での1プレーに対し、チームと個々で反省が必要」とキングス佐々宜央ヘッドコーチの表情は硬かった。  初の天皇杯。トーナメント突破にかける気持ちは高まっていた。