北海道内の児童養護施設で2013年8月から14年3月にかけ、男性職員が女児3人に性的虐待を繰り返していたことが4日、分かった。女児1人の後見人が損害賠償を求めて提訴。16年3月、道と施設を運営する社会福祉法人が各200万円を支払うなどの条件で和解した。