沖縄タイムス+プラス ニュース

現職の大田氏、2選出馬表明 久米島町長選 「人口減止める」

2018年1月6日 09:22

 【久米島】大田治雄久米島町長(62)は5日、町内で会見し、2期目を目指して町長選(4月22日投開票)に立候補すると正式に表明した。「最大の課題である人口減少の歯止めに、雇用創出、移住・定住の推進策を幅広く進めたい」と意欲を示した。

大田治雄氏

 農林水産、観光業の活性化といった6項目の基本政策を掲げ、1期目で「50%は達成した」と述べた。2期目は海洋深層水の取水増による産業振興、エネルギー自給率100%の実現などに取り組むとした。

 大田氏は1955年、旧具志川村出身。鯉渕学園農業科(茨城県)を卒業した77年、同村職員。副町長、久米島観光協会長などを歴任した。2014年の町長選で初当選。

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ