沖縄タイムス+プラス ニュース

【解説】門前払い回避を重視 辺野古「聴聞」

2015年9月29日 08:13

 埋め立て承認の取り消しをめぐり、「意見聴取」にこだわってきた沖縄県が国の主張に応じ「聴聞」の実施を決めた。取り消し後、法廷闘争に発展する可能性が高い中、法で定められた聴聞の手続きを踏んでいないことを瑕疵(かし)と指摘され、門前払いとなる事態を避けることを重視した。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS