沖縄タイムス+プラス ニュース

名護市長選:辺野古問題「終止符を」 稲嶺氏が政策発表

2018年1月9日 05:36

 2月4日投開票の沖縄県名護市長選で、3期目を目指す現職の稲嶺進氏(72)=社民、共産、社大、自由、民進推薦=は8日、市内で政策発表会見を開いた。最大の争点となる辺野古移設問題について稲嶺氏は「市民の命と暮らし、県民の誇りと尊厳を守るために新基地は造らせない。名護の未来は私たちが決める。この問題に終止符を打つ審判を市民に問う選挙にしたい」と強調した。

政策を発表する稲嶺進氏(右)=8日、名護市・大北公民館

 稲嶺氏は子育て環境の充実や基幹病院の設置、産業振興による経済発展などを政策の柱に掲げ、市独自の給付型奨学金制度の創設や世界自然遺産に関する体験型観光の推進、特区導入による名護漁港へのクルーズ船受け入れ、コミュニティーバス整備などを示した。

 また、県と連携し、市内観光施設「ネオパークオキナワ」にパンダを誘致するとし、「大きな観光資源として整備したい」とした。

 会見には翁長雄志県知事や、辺野古移設反対を掲げる「オール沖縄」勢力の国会議員や県議、市議らが同席した。翁長知事は「経済、観光で伸びしろがある北部がこれからの沖縄の命運を決める。新基地建設を止めて、沖縄の発展のためにも北部に先頭に立ってもらうべきだ」と訴えた。

 同市長選には新人で前市議の渡具知武豊氏(56)=無所属、自民、公明推薦=も立候補を表明しており、一騎打ちになる見通し。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
注目トピックス
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
お陰様で11周年目を迎えます。 今年も受講生が期待できるテーマを準備して引き続き開催致します。
食の多様性で観光立県 県内の取り組みをご紹介!
食の多様性で観光立県 県内の取り組みをご紹介!
国際観光都市を目指す沖縄。食の多様性への対応が求められています。その最前線を取材!
LINE@公式アカウント紹介企画
LINE@公式アカウント紹介企画
企業や団体の「LINE@」を紹介! 友だち追加でお得な情報やクーポンをゲットしよう!!
しまくとぅば広告
しまくとぅば広告
消滅の危機にある「しまくとぅば」をもっと使おう!
週刊沖縄空手が読み放題
週刊沖縄空手が読み放題
空手発祥の地・沖縄から毎週発信! 電子版で「週刊沖縄空手」が世界のどこでも読めます。
今日もがっつり!運転手メシ
今日もがっつり!運転手メシ
沖縄タイムスの運転手がつづるグルメブログ。「安い」「おいしい」「腹いっぱい」の食堂や総菜屋さんを紹介します。
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします