宜野座村商工会女性部(仲田スミ子部長)は5日に村立中央公民館であった村成人式で、沖縄の魔よけからデザインされた「赤いさんぐゎーリボン」のバッジが付いた手作りのお守りを飲酒運転根絶ストラップとして新成人71人へ贈った。仲田部長は「二十歳を機に飲酒運転の問題を意識して、気を引き締めてほしい」と望んだ。

宜野座村商工会女性部が飲酒運転根絶の願いを込めて制作したお守り

新成人にお守りを贈呈する仲田スミ子部長(右)=宜野座村立中央公民館

宜野座村商工会女性部が飲酒運転根絶の願いを込めて制作したお守り 新成人にお守りを贈呈する仲田スミ子部長(右)=宜野座村立中央公民館

 お守りの贈呈は昨年に続き2度目。女性部に所属する洋裁店主や印刷業者らが協力して制作した。メッセージが添えられ「飲酒運転ゆるさんぐゎ 飲酒運転根絶は 家庭から 地域から 職場から 命どぅ宝」と注意を促している。

 新成人の狩俣翔一さんは「飲酒運転が少しでもなくなるように呼び掛けたい」と表情を引き締めた。津波古翔太さんは「人に迷惑を掛けないよう、お酒は楽しく飲みたいですね」と話した。