沖縄タイムス+プラス ニュース

読谷米軍ヘリ不時着:翁長知事「言葉を失う」 日本政府も批判

2018年1月9日 09:37

 米軍普天間飛行場所属のAH1Z攻撃ヘリが読谷村内に不時着した問題で、沖縄県の翁長雄志知事は9日午前、「言葉を失う。日本政府も当事者能力のなさを恥ずかしく感じてもらいたい」と述べ、米軍と日本政府を強く批判した。

読谷村儀間に米軍ヘリが不時着したことを受けて「言葉を失う」と話す翁長雄志知事=9日午前、県庁

不時着した一般廃棄物最終処分場敷地内から離陸する米軍のAH1Z攻撃ヘリ=9日午前7時21分、読谷村儀間

読谷村儀間に米軍ヘリが不時着したことを受けて「言葉を失う」と話す翁長雄志知事=9日午前、県庁 不時着した一般廃棄物最終処分場敷地内から離陸する米軍のAH1Z攻撃ヘリ=9日午前7時21分、読谷村儀間

 事故を繰り返す米軍と、それでも米側へ強く抗議しない日本政府に対し「(問題が)たらい回しにされる中で、沖縄問題が埋没する。憤りを感じる」と非難。その上で「悪い循環を断ち切らなければいけない。日本の民主主義が問われている」と訴えた。

 県は9日、外務、防衛両省の担当者を県庁に呼び抗議する予定で、米軍を呼び出すことも検討している。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS