沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古新基地:2018年初の搬入 工事車両180台が基地内へ

2018年1月9日 15:02

 沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブの工事車両用ゲート前で9日、新基地建設に反対する市民ら約30人が座り込んだ。機動隊が市民らを強制排除し、生コン車や石材を積んだトラックなど180台を基地内に入れた。年が明けて基地内に工事用車両が入るのは初めて。悪天候のため、海上行動は中止となった。

新基地建設に反対し座り込む市民を排除する機動隊=9日、名護市辺野古・米軍キャンプ・シュワブのゲート前

 米軍ヘリの不時着が相次ぐ中、工事車両が搬入されたことに、男性市民は「県民感情に配慮しなくなった。事故と基地建設は切り離し、粛々と工事を進めるという国のメッセージなのだろう」とため息をついた。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気