日本相撲協会は5日、昨年12月の冬巡業中に立行司の式守伊之助(58)=本名野内五雄、大阪府出身、宮城野部屋=が10代の若手行司に対してセクハラ行為を行ったと明らかにした。