世界ボクシング協会(WBA)ジュニアフライ級チャンピオン具志堅用高選手が川崎市体育館でのタイトルマッチでKO勝ちし、日本人最多の世界王座7回連続防衛を達成した。