主将に就いた時「優勝するために逃げず、ひた向きにやる」と決め、痛みをいとわないプレーでチームをけん引した。目標達成に「この仲間と日本一になれてうれしい」。岩出雅之監督も「帝京は今年いいキャプテンが出た」と目を細めた。 小学3年の頃、周囲より頭一つ大きな体を見た母親からラグビーを勧められた。