ハンセン病をテーマに生きることの意味を描いた小説「あん」の朗読劇上演と、映画の上映が28日、東京の早稲田大大隈記念講堂で開催される。 「世界ハンセン病デー特別企画 朗読劇『あん』と映画『あん』」と題したイベントで、原作者でミュージシャンのドリアン助川さん自身が朗読劇に出演、トークにも登場する。