日本の企業で働くホワイトカラーの外国人の約40%が、性別や国籍による差別を感じていることが、民間人材会社の調査で分かった。無駄な会議の多さを指摘する人も目立ち、少子化で外国人材の重要性が増すなか、多様性を認める職場づくりや労働の効率化が進んでいないことが浮き彫りになった。