沖縄タイムス+プラス プレミアム

「ここは米国の占領地ではない」 止まらない事故に沖縄の怒り 住民の不安増す一方

2018年1月10日 17:00有料

 【読谷】米軍普天間飛行場所属のAH1Z攻撃ヘリが読谷村内に不時着した問題で、石嶺傳實読谷村長は9日、謝罪のため村役場を訪れた中嶋浩一郎沖縄防衛局長に対し、何度抗議しても繰り返される米軍機の事故やトラブルに強い不満と憤りを伝えた。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ