希望の党の玉木雄一郎代表は9日の記者会見で、県内で相次ぐ米軍ヘリコプターのトラブルについて「大変、問題視している。日米地位協定があって、十分な捜査や調査ができない」と述べ、再発防止のためには地位協定の改定が必要との考えを示した。