長く沖縄に押し付けてきた過重な米軍基地を本土に引き取り、平等な負担を目指す運動が福岡県でも始まった。子育てしながら大学院で学ぶ女性や芸術家など30~40代を中心に多様な住民が会を結成。沖縄に住んだ経験や安保法制の議論を振り返り「私たちは加害者をやめたい。