新潟県教育委員会の40代女性職員が5日の勤務中に倒れ、その後死亡していたことが10日、県教委への取材で分かった。昨年12月の時間外労働が約120時間で、国が労災認定の基準とする「過労死ライン」の月100時間を超えており、県教委は過労死の可能性もあるとみて勤務実態を詳しく調べる。