沖縄タイムス+プラス プレミアム

陸自弾薬庫整備、宮古島市に17日伝達へ 予算117億円

2018年1月12日 08:40有料

 【東京】宮古島への陸上自衛隊配備計画で、防衛省が地対空、地対艦ミサイルを保管する弾薬庫や射撃訓練場などを市城辺保良(ぼら)にある採石場に整備する方針を固め、17日に宮古島市に伝える方向で調整していることが11日、分かった。福田達夫政務官が同市を訪れ、下地敏彦市長と会談する。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気