航空自衛隊は11日、定期整備を終えた政府専用機ボーイング747が羽田空港から新千歳空港に飛行した際、右の主翼とエンジンとをつなぐ部分の金属製のパネル1枚(縦38センチ、横20センチ、厚さ2ミリ、重さ約0・5キロ)が落下したと明らかにした。